外壁塗装安くする 見積り術

外壁塗装を安くするための見積り術、外壁塗装や屋根の塗装業者の探し方
失敗しないリフォームの秘訣は複数の業者から見積をとることが大切です

外壁工事費用 見積り安く術

「外壁塗装安くする 見積り術」とは?

『優良業者のみ』の中から外壁塗装業者を選ぶことです。

消費者センターには外壁塗装やリフォームに関する苦情が毎日20件ほどあると言われています。

初めて外壁塗装リフォームを検討し、外壁塗装業者を自分で探すと高確率で失敗します。

悪徳業者が多いからです。

そして、ずさんな外壁塗装業者が多い理由があります。

500万円以下のリフォーム工事には免許が要りません。

届け出も必要ないのです。

極端な話し、簡単に参入しやすい業界なので粗悪な業者が多いのです。

それらしき格好で外壁塗装の会社を名乗って営業に来ても、信用できる外壁塗装業者なのか?素人には判断ができません。

被害に遭った人の多くの内容は

  • 外壁塗装工事完了後、連絡が取れない
  • 見積金額と請求金額が違う
  • 工事が終わったとたん、対応が悪い
  • 説明がわかりにくい

などが目立ちます。

自分で外壁塗装業者を探すことは時間もかかり、会って話を聞いてみないとわからないどころか、話してみてもわからないこともあります。

だったら、一定の基準をクリアした優良業者のみを紹介してもらうことで確実に失敗しない外壁リフォームができます。

 

「外壁塗装安くする 見積り術」とは、悪徳業者を除く『優良業者』のみの中から外壁塗装の見積もりを出してもらい比較検討する方法です。

あなたの希望や予算に見合うだけの仕事をしてくれる、外壁塗装業者を紹介してもらうことです。

無料で見積もりはもちろん、相談もできる外壁塗装業者紹介サービスは

こちら≫≫外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】


外壁塗装業者を紹介してもらい、選ぶ際は以下の点に注意しましょう。

  1. 優良業者であること
  2. 高すぎてもいけない。でも、安すぎても疑うこと
  3. 営業電話はかかってこなくて当たり前
  4. 見積り書の内容や項目が明確であること

上記4つの項目を抑えることで失敗しない外壁塗装の業者選び、満足のいく外壁塗装・外壁リフォームができると思います。
 

①優良業者であること

「優良業者」とは?会社設立年数、従業員数、過去の施工実績、保証内容などいくつかの基準を満たした企業のことです。

後ほど紹介する「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では、これらの基準に合格した企業・業者のみ紹介しています。

自分で外壁塗装業者を探して、見積もり依頼をする。でもその業者が、ちゃんとした会社なのか?これをあなた自身で調べることは時間もかかりますし、それなりの知識も必要です。

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」を利用することで、『優良業者』のなかから、あなたの希望に合った外壁塗装業者を紹介してくれます。

公式サイトはこちら
  ↓ ↓
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

②高すぎてもいけない。でも、安すぎても疑うこと

例えば、A社で80万円、B社で90万円、C社で120万円、D社で200万円の見積もりが出た場合、200万円の見積もりを提示してきたD社は外壁塗装をお願いする業者から外すと思います。

しかし、A社で80万円、B社で90万円、C社で120万円、D社で40万円の見積もりが出た場合、安すぎるD社は疑う必要があります。

何事にも「相場」というものがあり、その相場からかけ離れている見積り金額は疑うべきです。安く請け負って手抜き工事をする悪徳業者の可能性があるので、後々トラブルの原因になる可能性があります。
 

③営業電話はかかってこなくて当たり前

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では、窓口を1本化し専任のアドバイザーが対応してくれます。

「引越し見積もり業者比較サービス」や「車の買取比較サービス」のように、各業者が直接あなたに電話をかけてきたなんて経験はありませんか?

「外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス」では『あなたと専任のアドバイザー』1対1のやり取りで完結しますので、初期の相談や検討段階としては利用しやすいサービスだと思います。
 

④見積り書の内容や項目が明確であること

外壁塗装のトラブルで多いのは、外壁塗装工事完了後3年~5年で塗装が剥がれたとか、見積り書に記載の塗料とは違う別のもの(質が悪い塗料)を使ったり、必要以上に塗料を薄めて塗装したなどの内容が目立ちます。

また、「廃棄物処分料」とか「清掃費用」などの項目が見積り書に記載されていることがあります。この項目が問題なのではなく、この項目に記載されている金額が外壁塗装業者によって差があります。

数万円の違いも、項目が多くなると数十万円の見積り金額の差額になるので、注意が必要です。


これらの条件を満たす「外壁塗装の優良業者紹介サービス」とは

  1. 優良業者「のみ」紹介
  2. 高すぎない、安すぎない。でも優良業者の中から一番安いところがわかる
  3. 業者からの直接の営業電話は無い
  4. 見積りや外壁塗装にかかる費用の項目が明確

「外壁塗装の優良業者紹介サービス」では、これらの条件を満たしていますので、初めて外壁塗装の見積りを比較するあなたにも、安心して相談できる外壁塗装一括見積りサービスです。
 

公式サイトはこちら
  ↓ ↓
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】


また、「外壁塗装の優良業者紹介サービス」では、入力項目が少なく『45秒』程度で見積りの申し込みが完了します。

もうひとつオススメの点は、様々なニーズの相談に乗ってくれることです

  • 外壁塗装の相場を知りたい
  • 地元の優良業者を紹介してほしい
  • 複数の業者から相見積りを取りたい
  • すでに他社で見積りを取ったが比較したい
  • 今すぐ外壁塗装工事を依頼したい
  • すでに工事が始まっているが・・・トラブルがあって相談したい

上記のような相談に応えてくれるサービスです。
 

「外壁塗装の優良業者紹介サービス」公式サイト

申し込みはこちら
  ↓ ↓
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

外壁塗装 費用見積り術とは、『優良業者からのみ、外壁塗装の見積りを取って比較する』ことです。

「そんなことは知ってるよ!」って言われそうですが、実際には「騙されている人や、誤魔化されている人が多い」これも事実です。

数十万円から百万円以上のお金を払って依頼する「外壁塗装工事」。ここに頼んで良かった。満足できる業者選びがどんなに大切か?それを伝えたくて以下にまとめました。

すでに「優良業者の複数のリフォーム会社から見積りを取って比較する」ことについて、多少の予備知識はある。でも、ちゃんと保証がしっかりしている業者を紹介してほしい、そんなあなたにはリショップナビがおすすめです。

複数の外壁塗装業者を紹介してくれるサービスはいくつもありますが「安心リフォーム保証制度」という独自の保証体制があるところは少ないからです。

『安心リフォーム保証制度』の詳細はこちら
   ↓

外壁工事見積もり 比較

外壁塗装会社の良し悪しを決めるポイントは…。

近いうちに外壁塗装をやりたいと考えているのでしたら、外壁の表面の異常に気付いた時点で実施するのが正解でしょう。その時期というのが、通常であれば新築後13~14年と言われています。

複数の業者に外壁塗装に要する料金の安くする見積り術をお願いすることができる、「外壁塗装安くする 見積り術」と言われるものがあるのをご存じでいらっしゃいましたか?

匿名での見積もりを依頼することも可能になっていますから、その後業者のよけいな営業があるということもありません。

「細かいことよりも、外壁塗装の見積り比較をしたい!」という方は、ここからすぐに比較ができます。

匿名での見積もり比較依頼ができますが、ショートメッセージサービス(SMS)で見積りと相場情報を知らせてくれるので、電話番号の登録は必須ですが営業電話はありませんので、安心して登録できます。
(私も実際に利用したオススメの比較サイトです)

   ↓

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
 

外壁塗装との間に、明らかな定義の違いはないと指摘されていますが、これまで住んでいた家に従来とは異なる付加価値を与えることを目論んで、設備の見直しや間取り変更工事などを行なうことをリノベーションと言うようです。外壁塗装安くする 見積り術というものも、家の改修を指しますが、リノベーションと比べると、規模的なものや意図が違うと言えます。外壁塗装は概ね規模が大きくない改修で、元々の状態に復元させることがメインだと言っていいでしょう。

「外壁塗装工事よりも手を抜いてもバレることがない工事は見当たらない」と言われるほどで、悪質業者が稀ではないのです。そういうわけで、信頼の置ける業者にお願いすることを最優先に考える必要があります。「外壁塗装の施工費用」には疑わしい点がたくさんあり、業者が提出してきた安くする安くする見積り術術が妥当なのかどうかまるっきりわからない状況です。この他、あれこれ記入されている工事自体が、実際必須工事なのかどうかも全然わからない状況です。貴方は「オンラインで、外壁塗装費用の一括見積もりをしてくれるサービスがある」ということを聞いたことはありますか?生保などでは、当然のようになっておりますが、住宅関連においても、「外壁塗装安くする 見積り術」サービスが開始されているのです。

マンションの外壁塗装となりますと、キッチンやトイレもあれば内装もあるという様に、諸々の部位とか場所があるわけですが、業者によって得意とする場所(部分)や施工価格設定に違いが認められます。マンションの外壁塗装をする際の工事代金に関しては、その都度かなり開きが出ますが、これはマンションの現況もしくは外壁塗装を実施する箇所等によって、工事内容が大きく違ってくるからです。願っていたマイホームを手に入れても、生活していくうちに色々な費用が掛かってくるものです。単なる維持費だけに限らず、生活様式が激変することにより、外壁塗装費用が必要になることも考えられると思います。

どの部分を外壁塗装するかで異なってくるのですが、ざっくり言って75万円前後が相場だと聞いています。外壁塗装を扱っている業者を3~5社見つけ出して、その全部の業者から安くする見積り額を提示してもらうのは、考えている以上に時間が取られます。「それは面倒くさい!」とおっしゃるなら、外壁塗装安くする 見積り術サイトを活用すべきです。「外壁塗装安くする 見積り術」とは「それは面倒くさい!」を解消してくれるサービスです。

外壁塗装費用の目安を捉えるためにも、外壁塗装安くする 見積り術を出してもらうことが大切になります。業者が作ってくる見積書は専門用語が多く、掲載の仕方や請求項目も、業者によって変わります。複数の外壁塗装会社の中より、予算や希望にぴったりの1社を「外壁塗装安くする 見積り術」で選び出せます。マンションの外壁塗装をする場合の施工費については、個々のマンションで大きな違いが認められますが、これはマンションの現況もしくはリフォームを行う箇所によって、工事の過程が基本的に異なるからだと断言します。外壁塗装をしたら、確実に自宅をキレイに見せる効果も考えられますが、それにプラスして、外壁の塗装膜の性能低下を阻止して、家の耐用期間を引き延ばす事にも貢献してくれます。

加盟している国内の外壁塗装業者から見積もりをもらい、それを依頼者が見れるようにしてくれるのが、「外壁塗装安くする 見積り術」だというわけです。「何はともあれ3~4社の外壁塗装会社より見積もりを貰って比較してみる」ということが欠かせないと思います。インターネットを有効活用したリフォーム会社紹介サイトでは、住まいの現状データや希望している外壁塗装内容を書き込むのみで、登録済みの優良外壁塗装会社から安くする見積り術をもらい、その内容を確認することができます。外壁塗装との間に、明白な定義の違いは存在しませんが、住まいに利便性を高める付加価値を齎すために、全設備の取り換えや間取り変更工事などを実施することをリノベーションと称することが多いです。